メインイメージ画像

コンタクトレンズは使用時間にあわせた選び方をしましょう

コンタクトレンズを初めて購入する際には多くの方が不安になります。例えばどのようなレンズにすればいいのかなどと言ったことです。その選び方には、大まかに二つに分けることができます。それが、使用時間が長時間か短時間かということです。仕事が朝から夜遅くまであり1日中コンタクトレンズをつける人と、ある作業をするときだけつける人とさまざまです。

ですので、自分の目を保護できる最大限のコンタクトレンズを選んだほうがいいと言えます。

まず初めに長時間コンタクトレンズをつける人のレンズの選び方についてです。コンタクトレンズは目に酸素を供給する量を低下させてしまいます。酸素量が不足すると目の細胞が消滅していきます。これは目にとってはいいことではありません。

ですので、長時間使用する人は、レンズが酸素を通す量を気にかける必要があると言えます。さらに、レンズを装着してある程度の時間が過ぎるとレンズが乾いています。ですので、潤いが多いものを選んだほうが良いです。

次に短時間コンタクトレンズをつける人の選び方についてです。このような人は、使用用途によってレンズの種類を選ぶ必要があります。

例えばスポーツをするとき、ファッションとしてカラーコンタクトレンズを利用するときなど利用方法はさまざまです。ですので、目のサイズや目の視力にあったコンタクトレンズだけでなく、自分が利用するときにそのコンタクトレンズがパフォーマンスを発揮してくれるかどうかをお店の人などと選んでいく必要があります。

以上のことより、コンタクトレンズを選ぶ際には第一にどのような目的でどのくらいの時間装着するのかということを前提にする必要があります。
コンタクトレンズは体にとって異物になるのでできるだけ目に負担をかけなく、自分の目のサイズや状態にあったものを自分で勝手に選ぶのではなく、眼科医やショップ店員の方とじっくりと話し合って決めていくことが必要です。そうすれば利用者のパフォーマンスを助けてくれる便利な道具になります。