水回り修理と暮らし 水回り修理と暮らし 水回り修理と暮らし

images水回り修理の依頼前に知っておきたい費用の相場について

壊れた箇所を直してもらった時、修理にいくらぐらいかかるのかについては、どの場所で工事するかによっても違いますし、またどの部分を直すかによっても変わります。たいていの修理業者においては、基本料金と出張料金に実際に作業した難易度によって変わってくる作業料金、その作業の際に部品交換などが必要としたならば交換した部品の部品代、それらを全て合わせたものが水回り修理の代金ということになります。

水回り修理で最も多いものに上水道の蛇口の水漏れというものがありますが、これの手直しとしてパッキンの交換というものがあります。

これはどういうものかというと、蛇口などには水が逆流してこないように、パッキンというもので主にゴムで出来た部品があるのですが、年数が経つとしだいに劣化してくることにより、水漏れが発生してくるわけなのです。この対策としてパッキン交換を行うのですが、この工事は水回り修理でも最も安い部類に入り、業者によって微妙に変わってくるとはいえ、平均すれば5千円くらいになります。

ただこのパッキンを自分で買うとすればホームセンターなどで数百円から高くても千円台で入手可能なので、代金のほとんどは先に書いたような基本料金や出張料金になっています。

image

料金の市場価格からも分かるように、作業自体は蛇口のタイプにより変わるとはいえ、基本的には蛇口のハンドルを外した後、パッキンを交換するだけという簡単なものなので、お金が勿体無いと思う人ならば、自分で交換してみてもいいでしょう。

次に多い水回り修理は、水道の蛇口本体やハンドル、トイレならばタンクなどといった、部品全体を交換する必要がある場合です。

蛇口やハンドルであれば数千円で交換可能ですが、タンクの中には一万円を越えるものがありますし、場合によっては便器そのものを交換する場合もあって、割りと高額にもなります。それほどの多額な水回り修理になると、相場もなく業者によって金額がかなり変わるので、色々な企業に見積もりを出してもらい、その中から選択することをおすすめします。